建築家紹介

吉岡 香織

YOSHIOKA KAORI

部屋をつくるのではなく住む人の暮らしが息づく家

ヒロガリエ建築家 幼いころから絵を描くことが好きで高校のデザイン科でグラフィックから、木工や陶芸、インテリアデザインなど様々なことを経験しました。それが、建築、居住環境に興味を持ったきっかけです。そのせいもあり、設計をするようになって建物においても芸術と同様に、美しさを取り入れた建築を心がけています。ただ、芸術と建物の違いは、建築ことに住宅には生活する上での機能や性能が欠かせないということです。それは、ファサード(建物の正面)であったり、家具の配置であったり、収納の美しさであったりと、見た目だけではなく、すべてに意味があるデザインが求められるということです。さらに、住宅は、そこに暮らす人の夢やあこがれなど、住み手の思いもあります。どんな暮らしがしたいのか、どのような生活をつくっていきたいのかなど住み手が、その空間で生活することで生き生きと動き出す空間をつくることが大切なのです。そのためには、お客さまの話をしっかりと聞き受け止めることを大事にしています。これからも、お客さまの夢に耳を傾け、住む人たちが、その家で何をしたいのか、どんな未来をつくりたいのかなど、お客さまの思いに寄り添い、心地いい居場所をつくれる建築家であり続けたいと思っています。

一級建築士

Architect’s

建築家が生み出す「広がり」

ヒロガリエ建築家

※40名以上のヒロガリエ建築家の中から一部をご紹介しております。

建築家紹介

ヒロガリエ建築家
吉岡 香織
ヒロガリエ建築家
白子 秀隆

ヒロガリエ建築家
赤松 純子
PAGE TOP